海外での生産が魅力的|化粧品OEMは専門の請負業者を頼りましょう

オペレーター

素敵なOEM生産

会議

化粧品をOEM生産することがあります

化粧品のOEM生産とは、有名化粧品会社の商品を別の会社が製造し、有名会社のブランドとして販売することです。製造会社に研究開発する力があれば、製造された化粧品にブランドを名義貸しして発売をします。開発力が無ければ、化粧品の製造方法を含め技術を提供し、製造会社の設備や人員を使い製造します。 OEM生産は、食品を始め他の製造業でも一般的に行われています。先にあげた例同様、技術力やブランドを持った企業が他の企業へ名義や技術を提供する手法が取られています。古くは、戦後に海外企業の技術力を国内に取り込むために多く使われましたが、現在は日本国内同士の企業や、日本国内からアジア圏の企業に技術を提供する例が増えています。

販売者、製造者、消費者それぞれにメリットがあります

化粧品のOEM生産には、販売者、製造者、消費者のいずれにもメリットがあります。 販売者には、自身で製造することなく名義や技術を提供することでOEM化粧品の売上の一部が利益として計上されることです。ブランドの毀損や技術の流出にならないよう注意する必要はあります。製造者には商品開発力や技術、販売の営業力が必要ないことです。自社か保有する機器や雇っている人員を使い利益を上げることができます。消費者には、有名ブランドの化粧品が安く手に入るメリットがあります。OEM化粧品に問題があった場合でも、有名企業である販売者が対応するので、安心して化粧品を使うことができます。 このようにOEM生産を通じて、関係者にメリットがあります。